北海道車いすバスケットボール連盟とは・・・

<目的>

北海道車いすバスケットボール連盟(HWBF)は、北海道内に結成された車いすバスケットボールチームを総括し、日本車いすバスケットボール連盟(JWBF)と有機的連携のもとに、HWBFの普及振興及びスポーツ精神の涵養を図ることを目的とする。

 

<事業>

・HWBFの普及振興に関すること。

・HWBF所属チームの強化発展とその相互の連絡融和を図ること。

・HWBFに関わる大会・講習会、その他HWBFに関する各種事業の実施及び指導と援助に

 関すること。

・HWBF関係者の表彰に関すること。

・HWBFについての調査研究及び情報、資料等の収集に関すること。

・その他、上記目的の達成に必要な事業。

 

○ 登録チーム(5チーム)

 1.旭川リバーズ(旭川市)

 2.釧路FREEZZ(釧路市)

 3.札幌ノースウィンド(札幌市)

 4.苫小牧WBC(苫小牧市)

 5.ハーダーズ函館元町ライオンズWBC(函館市)

  

○ 組織形態 (専門部)

 ・ 事務局

 ・ 規則審判部

 ・ クラス分け部

 ・ 強化育成部

 ・ 普及部

 

 

現在、北海道ブロックには5チームが所属。選手約50名。チームスタッフ約20名。連盟スタッフ(役員)約20名。合計 約90名により、連盟運営・大会運営、イベントの開催を行っている。 シーズンは4~12月。(北海道は冬季期間の移動が困難なため、冬季期間の連盟事業は開催していない)シーズン中は北海道内外で開催される大会・イベントに選手・チームが参加。各クラブチームとしては、シーズンに関係なく各地域にて練習を行っている。